病院の上手な利用のためにも内科のかかりつけ医を作ろう

内科のかかりつけ医をもてば日常的に健康状態をチェックできる

ロゴ

病院の上手な利用のためにも内科のかかりつけ医を作ろう

ドクター

地域に根差した医療を行なっている

大きな大学病院や公立病院以外にも、世田谷や浦安など地域ごとに多くの医院があります。こういった病院は地域の人々に密着した医療ができるので活用されているのです。
大きな病院に患者が集中する傾向にありますが、それでは一人一人の状態を熟知できません。地域のクリニックなら気軽に行けるので、その人のいつもの体の状態を把握しやすいです。

ドクター

国から奨励されている

医療費の増加は国家財政にも影響を与えますので、国はできるだけ病気にかかる人を少なくしたいと考えています。そのため地域の内科医院などにかかりつけ医を作るように国民に推奨しているのです。
これによって高血圧の発見をしやすくして、メタボリックシンドロームを防ぐ取り組みもできるようになっています。

病院

連携が行なわれている

世田谷の内科から大学病院への紹介も行なわれているので、もし大きな病気が見つかったときも安心できます。逆に、リウマチなど専門的な治療を行なっている内科医院もありますが、こういった病院を大病院から紹介することもあります。

昼と夜では少し病院の対応が違う

夜間診療

急病の場合に利用することが推奨されている診療です。場所によっては土曜や祝日には行なわれていないことがあります。昼間の診療よりも料金が割高になることが多いです。

昼間診療

料金は基本料金が適用されます。持病の治療や風邪の診療など緊急でない場合はこの診療を受けるようにしましょう。通常診療なので治癒証明書も発行してくれます。

広告募集中