内科とがん治療専門のところではそれぞれ役割が異なる

ロゴ

医療について考えよう

私たちの健康を支えてくれる医療ですが、様々なクリニックがあって区別があまりつかないという人もいるでしょう。都筑区や東京には、様々な病院があるので、上手に利用していくことができるように病院がもつ機能を含め知識を蓄えておくべきです。

病院が担っている機能や組織

  • 受付や診療を行なう外来
  • かかりつけ医の紹介や救急外来利用後の入院
  • 在宅医療
  • 医師が所属する医局
  • 患者のケアをする看護部
  • 薬剤を処方する薬剤科
  • 生化学的検査などをする検査課
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 栄養科

正しい治療をするには内科の役割も知るべき

ハート

内科で診療できること

病院には様々な科が用意されていて、それぞれ専門の病気の治療を請け負っています。内科単体でいっても、その内容は細部に分かれているのです。
内科でも消化器内科を専門にみているところもあれば、膠原病を中心に見ているところもあります。リウマチは特に長期間の通院が必要になるので、大病院ではなく地域の内科に通ったほうがいいでしょう。

聴診器

予防接種も受けられる

都筑区の内科のように、地域に根差したクリニックでは予防接種ができるのも特徴です。小児用肺炎球菌をはじめ、四種混合予防接種もできるので、気軽に相談しましょう。
他にも任意の予防接種としてインフルエンザやB型肝炎も受けられます。

カウンセリング

重い病気もクリニックで受けられる

では重大な病気であれば、大病院での治療が望ましいのかというと、そうでもないことも多いです。がん治療を専門に行なっている個人病院もあります。
大病院では行なっていないような治療をしているがん治療特化クリニックもあり、がん治療が難しいと判断された人も多く通院しています。

がんの治療法にはこんな方法がある

医者

外科手術

病巣を直接切除するのが一般的な方法ですが、深部にあって届かない場合や病巣が深い場合は手術ができないこともあります。傷の快復を早くするために内視鏡下手術といった方法をとるケースも増えています。

化学療法

小さな転移がある場合には手術よりも薬物投与によるがん細胞増殖の抑制や薬によるがん細胞の死滅が利用されることがあります。薬は体の表面に傷をつけることはありませんが、副作用で吐き気に襲われることがほとんどです。

放射線療法

局所療法として使われているがん治療としては放射線治療があります。今では検査で正確な病巣の位置が特定できるようになったので、放射線で集中治療できるようになりました。全身に副作用が現れることもあります。

その他の療法

人間の体には有害な物質を攻撃するT細胞が存在し、これが悪性な細胞の増殖を抑制しています。そのT細胞の動きを強くするために使われるのが免疫細胞療法です。この他にも高濃度ビタミンC点滴など、第四のがん治療として注目されている方法があります。

大きな病気を予防しよう

風邪などの病気は軽いもの、がん治療は重いものと判断されますが、治療にかかる費用を確認してもそう判断されることは納得できます。かかりつけ医や近所のクリニックも活用し、小さな病気から予防していくことが大切です。

[PR]
浦安で夜間診療の依頼
仕事帰りでも気軽に通える

[PR]
都筑区で評判の高い内科クリニック
診療内容を事前にチェック

広告募集中